グリーンスムージーを飲む時の注意点

グリーンスムージーを飲む時の注意点

栄養満点で美容にも健康にも抜群の効果を誇るグリーンスムージー、この効果を最大限に引き出すためには飲むときにも多少の注意が必要です。

 

グリーンスムージーは細かくミキシングされているため吸収がよいものですが、このとき同時に消化に時間がかかる食べ物が胃にあるとどうしても吸収効率が落ちてしまいます。そのため可能な限り空腹時に飲むことが勧められます。

 

グリーンスムージーは朝飲む人が多いですが、起き抜けの空腹時が栄養吸収の面でも最も効率がよいわけです。

 

野菜や果物は基本的に1時間以内で消化吸収されますが、穀物類は8時間から半日ほどかかり、肉類に至っては10時間から20時間ほどもかかるのです。

 

従って、グリーンスムージーの栄養の吸収を妨げないためには空腹時にグリーンスムージーを飲み、それから1時間は消化が必要なものを口にしないことが原則となります。

 

乳製品はタンパク質を多く含むため、当然ながら消化に時間がかかります。従って、グリーンスムージーにヨーグルトや牛乳などを混ぜて飲むのは、栄養吸収の面から言うとあまり勧められません。

 

ですが、グリーンスムージーは長く続けてこそ効果があるものですし、多少吸収率が落ちても効果が全く受けられないわけでもありませんので、グリーンスムージーそのままではどうしても飲みづらい、あるいは飽きると言う人はバリエーションも許容しても良いと思います。

 

ですが、基本的には効果を最大化するためには前述の点を守るのが原則、と言うことは抑えておきましょう。