フケが発生しやすい原因

フケが発生しやすい原因

角質が正常にターンオーバーをしているのであれば、フケが発生するとしても、目ではほとんど見ることができなくらい小さいフケとなっています。ですから、フケが目立ってしまうということもありません。

 

ですが、正常にターンオーバーをしていない場合、フケが大きくなってしまい、肉眼でもはっきりと見えるようになってしまいます。ターンオーバーが正常に行われていなかったり、フケが大きくなってしまう原因というのは複数考えられます。

 

まず、普段の食事で脂肪や糖分を摂取しすぎてしまっていると、フケが脂っぽくなってしまって、湿っぽくなります。また、湿っぽいフケというのは、ビタミンB6が不足してしまっていたり、ホルモンバランスが崩れてしまっていることが原因になっていることもあります。

 

フケが脂っぽくなってしまっているのであれば、脂分を除去しやすいシャンプーで洗髪をするようにして、さらにトニックを使って、皮脂の分泌を抑えるようにする必要があります。また、頭皮環境を整えるために、トニックを使っている時や洗髪をしている時に、頭皮マッサージをすることも大切です。

 

普段、あまり運動をしていなかったり、睡眠時間が足りていない、暴飲暴食をしてしまっている場合、パラパラしている乾燥したフケが発生してしまいます。

 

乾燥しているフケが出てしまっているのであれば、皮脂が足りていない状態ですから、あまり皮脂を取り除かないシャンプーで洗髪をしたり、あまりアルコールが含まれていないトニックを使いながら頭皮マッサージをしましょう。

 

乾燥しているフケというのは、ビタミンA欠乏症や、副腎皮質機能が低下をしてしまっている、糖尿病や高血圧になってしまっていることが原因になってしまっていることもあります。